2011年10月21日

eラーニングの衝撃

elarnning.jpgすでに気づいている人も多いと思いますが、このネット社会の拡大で、eラーニングの影響が大きくなってきたように思います。

アメリカではeラーニングの方が学習効果が高かったという報告もあると聞きました。

私自身も資格更新のために、eラーニングにより合格点をとることが義務付けられているものがあります。

eラーニングが万能だとは思いませんが、優れている面もたくさんあり、学習に関する分野ではこれからますます拡大するように思います。

学校でも教育の面にどう取り入れていくか研究が必要だと思います。

学習塾ではかなり影響をうけるのではないかと思います。
eラーニングを主体とした学習塾や家庭教師とeラーニングを組み合わせたやり方も出てくると思います。

そういう意味では、学習塾や家庭教師は後追いにならないように、先行して取り入れる工夫をしなければ、取り残されていくのではないかと思います。

詳しいことについては、あらためて機会を設けて、考察してみたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。