2012年02月26日

義務教育を正しく理解する必要がある

義務教育は

1.教育を受けさせる義務

2.義務教育を受ける権利

の2つから成っている。

1.は保護者に課せられている義務で、これは「学校へ行かせる義務」ではない。

日本国憲法26条の第2項「すべて国民は、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う」

を読むと、学校へ行かせる義務と考えやすいが、あくまで「教育を受けさせる義務」であって、親が何らかの方法で「教育を受けさせる義務」を果たせばよいのである。

昔、羽仁進という映画監督が、自分の娘を小学校に行かせなかったということが話題になったことがある。

羽仁氏は、小学校に行かせなくても、教育は(学校以上に)しっかりやると言った。
例えば、動物のことを学ぶなら、実際にアフリカでも連れて行くと言った。

娘は通常の学校に全く行かなかった。

で、卒業は?

後に、小学校から卒業証書送って来たということだった。

現在は、不登校の児童生徒が多い。

子どもが学校へ行きたくないと言っているのに、無理やり行かせるということを義務化しているわけではない。

学校へ行かない権利もあるのだ。

教育を受けさせる義務とは、もとは、子どもを学校に行かせない親や、雇い主がいたので、これをなくすために作られたと言ってよい。

ついでに、勘違いしている者に対して、説明しておこう。

学校は、保護者に教育を受けさせる義務を課していることから、それを実現する機関として存在するのであるが、これは、登校した子どもに対して、ある一定の力をつけさせるという保証をしているものではない。

学校は基準にかなった教育を行う義務はあるが、教育を受けるものに対して、何かを保証するものではない。
(ここを勘違いしている、塾講師がいる)

実際にある力がつくかつかないかについては、学校は必要とされている教育を行なっているか、児童生徒はその教育をどれほど身につけたかで問われるものである。

わかりやすく言えば、映画館へ行ったとすると、映画館の義務は、映画をきちんと上映することであり、客がその間眠っていて見なかったなんてことに責任は追わないと同じことである。

2.はもう説明するまでもないが、子どもは教育を受ける権利を不当に邪魔されないということである。

日本の義務教育は、義務教育で学んだことをどれほど身につけたかを審査させて卒業を認定するものではなく、義務教育期間にある内容を履修したかどうかを認定するものである。

だから、義務教育ではない高校進学を前提にしているものではない。

義務教育を終了して、その後、高校へ進学したいのなら、高校入試に備えて勉強するかしないかは、本人の問題である。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 11:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
 中村メイ子さんは確か小学校に行っていなかったように記憶しています。家で教育する方が良い教育をできるとご両親が考えていたのでしょう。

 私は学校が大好きでした。しかし、朝ごはんを二杯食べられない日は、小学校に行かせてもらえませんでした。毎日、野球をしたいため、無理して食べようとするのですが、体調が悪いと一杯がせいぜい。すると、行かせてもらえず、静かに家にいることになりました。そのときはまだ平熱でも、だんだん熱が出来来るのが常でした。私は発熱しやすい子供でした。38度以上に必ずなりました。朝ごはんを食べられない日は、既に病気だったわけです。まだ表に表れていないだけでした。

 管理人様の言うとおり、私に朝ごはんを食べさせることが両親の一番の教育だったのでしょう。また父と母を思い出してしまいました。ありがとうございました。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年02月26日 13:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。