2012年03月05日

やっと地熱発電か?



地熱発電については、もう何十年も前から、学者の方々から指摘されていた。
日本は火山国だから「どこを掘っても温泉が出る」とやや誇張された言葉かなとも思うが、地熱をエネルギーへというのは、大いに有望であるということはわかっていた。

地熱のエネルギーについては、なんと、日本は世界第三位の資源国であると言う。

それをなぜ進めなかったか。

理由は、国立公園の景観を損ねるというものであった。

では、国立公園の景観を損ねないやり方はないのか?と言うと、そこからは議論が進まない。

本音はそうではなく、もう多くの人が気づいていると思うが「はじめに原発ありき」だったからだ。

この原発議論もおかしなところがある。

原発については、私もほとんど知識がなかったころは、そんないい発電はないと思ったものである。
しかし、廃棄物がどうしようもない。原発そのものはコントロールが難しいとの事情を知るにつれ、怖いものと認識するようになった。

私は原発の専門家でもなく、全くの素人である。

その素人の私でも、おかしいと思う意見がある。

それは

1.どうしても電力は不足するので、原発に頼らざるを得ない

2.だから、原発の安全を確認した上で稼働してほしい

原発稼働派の人の意見の要は、上記1.2.である。
しかし、太字の部分「電力は不足する」「原発の安全を確認した上で」の2つがひっかかる。

なぜか

1.電力が不足するという根拠がない

2.原発の安全が確認できるのか

の2つがはっきりしないからである。

原発の安全が確認できたら、反対をする理由はない。
それが問題になっているから、原発が否定されるのではないか?

理路整然と説得力のある石原幹事長だが、なぜか、原発については「安全を確認した上で」と発言なさった。

心なしか、この時はトーンが下がったようにみえた。


posted by edlwiss at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会時評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。