2012年03月05日

頭のおかしな人には気をつけましょう〜現場を混乱させる人

2ch(2チャンネル)は古くからある、有名な掲示板です。
それだけに、いろいろトラブルもあって、時には裁判沙汰になったこともあり、それでますます有名になった気もします。

その2chの管理人が「頭のおかしな人には気をつけましょう」とマナーを喚起する言葉を書いていました。

それを読んで、思わず笑ってしまいました。

その内容は、利用者が増えるに従い、頭のおかしな人が出没するようになったと言い、関わると面倒なことがおこることもあるので注意しましょうと断って、頭のおかしな人の判定基準というものが書いてありました。

その基準とは3つあると分類しています。

以下はその引用です。

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を卑下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
 他人を卑下することで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないがプライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。


1つ目の「自分の意見なのに、他人もそう思っている」と勝手に言う人っていますね。
ネット上では誰が読んでいるのかわからないし、誰がどう考えているかわからないはずなのに、そう頑張る人はいるようです。

2つ目の「根拠もなく」というのは、まさに妄想につながるところがあります。
その上、想像なのに話が続くうちに、いつの間にか事実にすり替えてしまっているというのもあります。さらに、それで怒り出すというのもあります。
「自分で自分を褒める」というのは、恥ずかしいと思うのですが、ネット上だからできることなのでしょうか?
現実生活で褒めてもらう機会がないからなのでしょうか?

3つめの「感情むきだし」は、別に怒ることそのものは悪くないにしても、管理人が言うように「論理的」に、なぜ怒れるのかが書いてないのはいただけません。

以上、2chの管理人の言われることは、もっともと思います。だから、自分がそういうことのないように気をつけねばと思った次第です。

seisin.gifところで、おかしな人と感じるのは、他にもあります。

1.重要度のランクがつけられない人

2.程度がわからない人

3.バランス感覚のない人

4.自分がおかしなことをやっているのに、他人がすると怒る人

これは、私がまとめたものです。
どんな場合に該当するか、具体例を挙げてみます。

1はプライオリティとも言われますが、例えば、今回の東日本の災害のように、原発の事故があったという場合、緊急に会議をするので、授業を自習にしておくという場合「授業はどうするの?」とか「子どもにとって、一番大切な授業を放棄するとは何ごとだ」と譲らない人のようなもの。

2は、子どもを優先するのはいいのだけれど、そのために先生が犠牲になる場合「子どものために、苦しいが頑張るか」という気持ちが大切なのは、常識人ならわかることですが、それも程度ものということがわからない人。

戦前は、教師をしている人の肺結核が多かったと言います。現代では、そういう話はめったに聞きませんが、いくら子どものために頑張ると言っても、先生が健康を害するというのは考えものです。場合によっては、労働基準法に抵触します。でも「子どもはどうするんだ」と一点張りの人がいるんですね。

3の例としては、5人のアンサンブル(音楽の演奏)のコンサートを控えて、練習をすることになった時のことです。
どうしても、3人しか集まれないということがありました。
それで、仕方がないから、3人だけでも練習するということにしようとしたのですが「5人揃わなければ意味がない」と言って譲らない人がいました。

これら3つに共通して言えることは、現実に即した対応ができないということです。だから、おうおうにして、こういう人は実践の場(現場)から離されるということがあります。当然、自分の実践はなくなります。
そうしなければ、ことが進まないからです。みんなが困ってしまうからです。
要するに、現実感(リアリティ)がないのです。現場から離されるから、なおのこと現場の人の気持ちがわからないということもあるのでしょう。そのため、話は空想ばかりになりやすいと言えます。

小学生は朝、集団登校を行なっている学校は多いと思いますが、その時は上級生がリーダーになって学校まで集団を率いるわけですが、学校は前もって「先生がいなくても、リーダーの言うことを聞いて、また、リーダーはみんなのことを考えて・・・」という指導をするのですが「教師がいないとは何ごとだ」とか「子どもに丸投げをしている」などと言い出す人もいます。

3の例の人物は医師から「うつ」と診断されました。しかし「うつ」と診断された人の場合、もう少し精神的に進行している場合もあるようです。その場合「統合失調症」と診断される場合もあります。
何でこんな病名がつくのだろうと考えてみたら、おそらく、自分の考えていることがまとまらない、矛盾している、現実的でないということで、まとまらないからなのだろうと思いました。昔は「精神分裂病」と言ったのを、これは病名がよくないということで、改められたということらしいです。
この3の人物は、現在、休養中らしいです。そのためか、全く連絡が取れません。

4の人は、全く自分勝手と言うか、いや、人はそういうこともありますが、普通は自分がおかしいと気づくのに、全く自分の行動には感知しないというところが変です。こういう人にかかると、それこそ自分のことは棚にあげて、と喧嘩になりやすいので気をつけることです。

まとめとして、世の中には話し合いをしてもムダな人がいるということを、頭に入れておいた方がよいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 20:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 教育問題
この記事へのコメント
 良く整理された記事をありがとうございました。
私も柔な精神です。人間は身体は強いが精神は柔なのでは。私は、心と身体は進化の年季が違うと考えています。
 大企業は社員の身体も心も大事にしています。それでも数%の人が心の病を抱えているのかも。お医者さんも、確率的にサラリーマンより病を発生するのでは。何故なら、仕事が激務だからです。警察官も消防手も、そして復興の担当の村役場の人も。
 最近、ワタミの社員のニュースが大きく取り上げていたように、どの業界でも、どの業種でも、個人業者でも。下手をすると心の病になるでしょう。確率的に、癌や心臓病より、心は病になり易いと私は管理職時代に思っていました。心の病になる理由の一番は他人からの強制なのでは。
 コンサートチケットやオリンピック入場券入手の為に、また好き者が徹満するなら、弱い部分の身体は悪くするかも知れませんが、心は安泰なのでは。
 自主自律は大事な要件と私は考えて仕事をしてきました。今日もたくさんの出来事を思い出してしました。ありがとうございました。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年03月07日 11:48
tsuguo-koderaさん、今晩は。

100人に一人ぐらいの確率で「おかしい人」はいるそうです。

ネット社会になったので、不特定多数の人との交流ができるようになったので、そういう人が目立つのかも知れません。

病名としては「統合失調症」になるらしいです。

3000人いる企業では、30人はおかしい人がいることになりますね。
Posted by dolce at 2012年03月07日 23:31
 お言葉を返すようですが、20人いたらまず1人いると私は用心していました。悪い管理者だと部下の10人中、1人以上は発症する危険性があると予測していました。
 論旨に関係ない話で済みませんでした。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年03月08日 04:59
あなたにピッタリの男性みつかります!(*´ω`) http://f-sekiya2005.cocolog-nifty.com/novel_miyagitani/
Posted by あつ子 at 2012年06月28日 06:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。