2012年03月13日

やっぱり大人です

小学生、中学生は校外の活動(具体的には、演奏会、コンクール)では、神経を使います。
校内の活動において、校外の活動を意識して指導しておくことはもちろんですが、小中学生はまだ社会的には知らないことが多いので、予期せぬ事態に対処する能力もあまり期待できません。

hattatsusinrigaku.gif
高校生ともなると、社会的には未経験なことが多いのですが、それでも、小中学生に比べたら大人と感じることはたくさんあります。
それは、特に作業的な仕事の時感じます。

楽器の運搬などは、大きな楽器では小学生には任せられないことがありますが、中高性になるとだいぶ違ってきます。

体力的な違いは大きいと言えます。

演奏でも、中学生と高校生では、体格の違いが大きいと言えますが、吹奏楽では音の安定感も違ってきます。

というわけで、高校生バンドは演奏でも校外でも魅力があるわけですが、中学生の時期は楽器を習っていてもすごく上達する時期なので、人生全体を見渡してもとても大切な時期と感じます。

スポーツでも、最近は中学生の年齢で国際的に活躍しているところをみると、よけいにそういう感じを強くします。

だから、この青春の時期に有意義な活動をとておくことが大切だと思うのです。
受験勉強だけに明け暮れて、大学に入ってやっと解放され、それから好きなことをやろうととしても、すでに遅いということが多いような気がします。

音楽、美術、スポーツ以外でも、例えばビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏のようにコンピュータのプログラミングに関わることも、中学生の頃は大切だと思います。

私が中学生たちを指導している頃、近くにIT関連の研究所がありました。
そこには、博士号を持った人たちがたくさんいました。

そして、その人たちは中学生にとても興味を持っていました。
だから、中学生を連れて遊びにきて欲しいとよく言われました。

プログラミングの勉強に関しては、大学生からでは遅いとはっきり言われました。

日本こそ、ソフトウエアに強い国にしなければならないと思うのですが、中学生という大切な時期に試験で追いまくって精神的ストレスをかけることはどうかと思っています。

話はそれましたが、高校生になるとだいぶ大人で、教える側も余分な精神的な負担が減ります。もちろん、それは小中の土台があってこその話です。

大学生、成人になると自己責任の部分が多くなりますから、指導者としては教えることに専念できますから、生活指導的な精神的負担は減ります。

さらに、今、私が行なっている自治体の吹奏楽団では、もうこれは専門的知識のみの指導に全力を傾けることができますが、これは、反面、専門的知識を問われることになります。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 16:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
 同感です。いい加減な私でも、F社の新人時代、システム開発能力が高いと課長から認められていたようです。お陰で今でも、師匠と呼ばせて頂いて、懇意にさせていただいています。
 私は今もパソコンは苦手です。実は当時もコンピュータを使えませんでした。国の研究機関の研究者の輪講会に参加して勉強するのがメインの仕事でしたので。それからずっと、今でも、似たようなものです。
 新人時代、仕様を定義し、メインのプロセスだけプログラム化しただけ。個々のモジュールは高卒の3年目の人が二人開発し、コンピュータでデバッグ。2000ステップ、バグゼロ。彼らは他に、10倍以上の開発量とデバッグ作業と試験。
 お陰で私は徹夜でコンピュータを使ったことはありません。経験の為に数回、徹夜作業を見ていただけ。仕様書を徹夜で書いていただけ。
 貴方の言うとおり、国産トップのメインフレーマーも40年以上前は、工業高校出の、素人の新人をたたき上げ、システム開発をしていました。
 それから、今まで、大企業に成長したたくさんのベンチャー企業を見てきました。勿論、失敗した経営者の方が多いかもしれませんが。
 日本人の創造性は高いし、ベンチャーへの挑戦心も決して負けては居ません。ただ、最近、大卒の人は寄らば大樹の影。大手の銀行や商社を志望しているのかも。おまけに、工業高校卒が少なくなったのかも。皆さん、とりあえず、有名大学や会社や士の専門職へ、希望しているのでは。残念です。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年03月13日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。