2012年03月14日

嫌味は老齢化の証か

oinimakenai.gif
人はいろいろなものを見たり、聞いたりする。
また、人と会話する。

日常のことである。

そして、感想を言う。

最近、はてなと思うことに、いつも感想が嫌味になってきた人である。

昔はこんなことはなかったのだがなあ、と思うが、振り返ってみると、嫌味がかなり多くなっている。

誰かが何かを買うと

「よくそんな金があるなあ」

「安物だなあ、すぐ壊れるぞ」

誰かが何かをしようとすると

「どうせ、うまくいかないさ」

など、思い返してみると、みんな嫌味なのだ。

まるで、人の不幸を期待しているようにも思えてしまう。

ある大学の先生が、心理学の本に書いていた。

「人は歳をとると、優しくなる人と、怖くなる人がいる」

と、私の実感としては、嫌味を言うケチをつけるようになる人もいるような気がする。

人生の経験を積んできて、人の気持ちがよくわかるようになって、心にも余裕が出てくると、きっと優しくなるのだろうと思う。

人は、何か買った時「これ買って失敗だったかなあ」と心の中では不安になるものだ。
そんな時、

「これいいね。いいもの買ったね」

と言われたら嬉しいものだ。

指導の方法として、褒めるということを言われるが、ものを買った時も同様だろう。

いいところを見つけて「素敵な色だね」なんて言ってあげた方がいいと思う。

嫌味、アラ探しが老齢化ではないかと思うのは、何かに挑戦しようというようなはつらつさがない。

嫌味やアラばかり言うものだから、雰囲気は悪くなり、人は距離をおくようになる。

そうすると、余計に自分のやることがなくなるので、話にリアリティがなくなり、いわゆる妄想ばかりになる。

妄想は一人だけでやっていればいいのだが、外に出すから、人の気持ちを暗くする言葉を撒き散らすことになる。

こんな風にはなりたくないものだ。

とかく、高齢化が叫ばれる日本だが、歳をとっても愛される年寄りであってほしい。
他人が聞いて、元気の出る言葉を発して欲しい。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
 本日の言葉は心に沁みました。私も失敗をしたことはついつい他人のブレーキをかけてしまいます。男女関係のこと、部活動のこと。時代が違うと思うようにしているのですが、なかなか難しいようです。
 逆に、失敗をすることは人一倍平気です。脛の傷は数知れず。頭を叩かれた数なら絶対に負けません。毎日でしたから。会社に損をかけさせた額も半端ではありません。
 どっこい、私は元気、これからも頑張る所存です。失敗しそうな仕事に挑戦している、または失敗して元気がない先生を励ます方策なら数知れず知っています。だって私の時より、状況は軽く見えるからでしょう。
 私は管理人様の言うことが自然とできていたようです。今日も勇気をもらえました。ありがとうございました。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年03月15日 05:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。