2012年03月28日

仕事のできる人は裏方を知っている(1)

間もなく、プロ野球が開幕する。
素晴らしいプロの選手たちの、華やかなプレーも裏方あってこそである。

選手たちがベストコンディションで活躍できるために、目立たないところで多くの人たちが働いている。

仕事はプロのアマを問わず、裏方の支えが大切である。

インターネットは様々な人が登場する。

加入者が加速度的に増えているFACEBOOKでは実名登録となっているので、ハッタリは書きにくいし、マナーがよく守られている。

これに対し、匿名が可能な掲示板やブログ、SNSでは自分の正体がわからない(わかりにくい)せいか、誹謗中傷めいたものから、インチキ投稿が多い。

かつて、自分は音楽のプロデューサーでCD制作を行なっていると称し、ハッタリ投稿をしている者がいた。この人を仮にX氏としよう。

その掲示板は音楽の話題で賑わっていたところだが、X氏は音楽プロデューサーに憧れていたのになれなかったのか、匿名の掲示板でなりすましをしようとしていたらしい。

音楽の話題の掲示板なら、有名なアーティストの名前を出し、また、知り合いであるというような投稿をすれば、なりすましが可能と思ったのだろう。

urakata.jpg
X氏の始めの投稿は

「とにかく、プロは凄い、お前たちなんか話しにならない」

というものだった。

笑えるのは、投稿者はみな匿名なので、誰が読んでいるかもわからないのに、X氏は相手がみな勝手に、アマチュアと想像して投稿したらしい。

X氏は匿名掲示板を通じて、憧れのプロになりたかったらしい。

ネットでは、このように、ウソが溢れている。

X氏がプロではないということは、すぐにバレてしまった。

それは、音楽プロデューサーであれば、スタジオで使っているマイクやモニターを知っているはずである。
これらは、定番のものがある。

それを聞かれても答えられない。

X氏が答えるのは「プロは凄い、お前たちとは違うんだ」しかない。

音楽制作を支えているもの、つまり裏方の質問に対し、何も答えられない。

どんな仕事にも、それらを支えている裏方があり、そこに目を向けてみると、まるきりハッタリとまでいかなくても、その人がどれほど仕事ができる人なのか見当はつけやすい。

これは、教育の世界においても同様である。

つい表舞台だけに目が行きがちだが、裏方の部分に目を向けてみると、どれほどの人かは見当がつくというものである。

ハッタリの人に共通な話は「抽象的」な語りが多い(「プロは凄い」程度のことしか言えない)。
抽象的な話しかできない人は、実践がないと言える。

なぜなら、実践者であれば、その実践を支える裏方の部分を答えられるはずだからである。

参考になる話というのは、派手な表の部分より表を支える裏(裏方)の部分にある場合が多い。

ということで、大いに、裏方に注目してみよう。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
 会社なら舞台上の仕事は社員や部下に要求すること。コンピュータ用語なら要求仕様や目標と言えるかも。裏方の仕事は要求の目標を実現する機能定義と解決策定義とその実行と言えるのかも。
 テストや教育や試験、メンテナンス、ユーザー教育、etcがあります。舞台の上は一人でも、数百の人が最低でも関与します。売れるよいシステムなら数千、数万の人が支えているでしょう。本当に管理人様の言うとおりですね。
 裏方の仕事は千差万別、一概にはやり方を説明できません。裏方の問題はこうあるべきと断言する人は素人か、詐欺師かも知れません。
 シャープが苦境にあると昨日ニュースを読みました。びっくりしました。数万の裏方のたった一人がミスをして、ポジティブフィードバックで数兆円の大企業が破綻かどうかの瀬戸際まで行ったのかもしれません。大企業でも一人の影響力は会社を潰すほどです。
 今回は株価が持ち直したようですので、持ちこたえられたのかも。少し安心できました。日本人の特徴はチーム力と個の力のバランス感覚では。管理人様のブログに書かれていることを忘れた裏方が居たのかもしれません。
 ビジネスマンの端くれだった当方としても管理人様の此のブログは心すべきことばかりです。今日もありがとうございました。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年03月29日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。