2012年03月30日

仕事のできる人は裏方を知っている(3)

今回は、教師の裏方について考えてみよう。

■頭のおかしな人は仕事ができない

あたりまえのことだが、頭のおかしな人が組織にの中にいると、組織全体が迷惑をしてしまう。

それでは、頭のおかしな人とは、どんな人だろうか?

民法で言う「制限行為能力者」は自身が法律行為を制限されているので、問題はないが、困るのは、普通の人と同じ生活をしていて、時におかしな行為、発言をする人である。


■仕事のできない人は、肝心なところが抽象的である

往々にして、頭のおかしい人にそういう傾向がある。

具体例を挙げると、かつて、この教育関係のブログにもあった。

信じられない発言だったので、よく覚えている。それは

採用試験に合格して、指導力のない教師より、コネで入って指導力のある教師のほうがいい

というものだった。

普通に思考ができる人、常識のある人なら、この発言のおかしさはすぐわかるはずである。

念のために解説しておこう。

一番のキーワードは「指導力」である。

指導力という言葉は抽象的である。

だから、指導力があるかないかを判定するには、何をもって指導力があるとするのか、具体的に判別項目を設定しなければならない。

教員採用試験というのは、何のための試験かというと、教師としてふさわしい人を採用するための試験である。だから、何をもって選別するかは具体的に判定基準を持って行なっているはずである。

教師としてふさわしい人とは、指導力があり、その他の面も含めて、教師としてふさわしい人を選ぶ試験である。

「コネで入って指導力のある人」ってどんな人だろう?

指導力があるのなら、コネで入らずとも、堂々と採用試験を受けて入ればよいではないか。

指導力があり、かつ教師としてふさわしい人が漏れてしまうような試験はおかしい。
そんなおかしな試験をやっているのだろうか?

もし、採用に関係する側の人間が、このような「コネ発言」をしているとしたら大問題である。

頭がおかしいと言わないで、何と言えるのか?

さらにおかしいことに、このコネ発言をしている人物を尊敬していると言う者もいる。
類は友を呼ぶというから、これもおかしいのだろう。

採用試験とは何か、指導力とは何かを分析して考えたことがないか、考える力がないから、こういう狂った発言をすることになる。

思考の土台が狂っているから、あとは何を発言しても信用がない。

教育に携わる人間が、こういうバカなことを言うから、学校教育が軽く見られる。
「教師になる人間は、頭が悪いのだ」と言われてしまう。

デモシカ先生と酷評される。

■学校の教師が嫌われる原因をよく考えよう

人は間違いをする。
しかし、間違い以上によくないのは、間違いを改めないことである。

bakanohito.jpg教師が一番嫌われる原因は「言い出したことを訂正しない」ということである。

もちろん、これは「誤りを正さない」ということである。

間違いが明らかなのに、何かと屁理屈をつけたり詭弁を弄して切り抜けようとする。

「先生は尊敬できるか」という調査があった。

諸外国では75%〜80%ぐらいの子どもが尊敬できると答えたのに対し、日本は20%ぐらいしか、尊敬できると子どもは答えなかった。

私は尊敬できる先生をたくさん知っている。
そういう先生たちに申し訳ない気がする。

「採用試験に受かった指導力のない教師より、コネで採用された指導力のある教師の方がいい」

との発言者は、訂正できているか?

それとも、指導力のあるかないかは「オレが審査する」とのおごりがあるのか?

だったら、指導力のある教師とはどういう教師なのか説明していただきたい。

ちなみに、発言したあなたは指導力があるのか?
どのくらいの子どもたちに尊敬されているのか?

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 20:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
「教師が一番嫌われる原因は「言い出したことを訂正しない」ということである。もちろん、これは「誤りを正さない」ということである。間違いが明らかなのに、何かと屁理屈をつけたり詭弁を弄して切り抜けようとする。」
 教師に限らず、会社の経営者に通じる話かも。2世の若社長が会社を食い物にした例は、大企業でも、最近でもありました。格好をつけて、誤りを認められない。それまでアドバイスした人もいたでしょうが、聞かないので諦められていたのかも。
 日本人は懺悔が慣れていません。朝令暮改を恥と思っている人が多いのかも。良い朝令暮改も悪い朝令暮改もあります。最近の政治は悪い方が多そうです。だからポピュリズムと年寄りに批判されるのかも。逆に、私もそうかもしれないと自戒しています。今日も大事な言葉をありがとうございました。


Posted by tsuguo-kodera at 2012年03月31日 05:08
dolceさん、こんばんは

>採用試験に合格して、指導力のない教師より、コネで入って指導力のある教師のほうがいい

教師ってコネでなれるんだと思っちまった。
採用試験を受けた事が無いからどんなものかさっぱりだけど
指導力の評価項目って有るのかな?。
てっきり学校で勉強してきた知識項目のペーパーテストや面接しかないものと思ってた。
指導力の査定をしてないのならこの発言が間違いと言い切ることも出来ない様な?。
どんな試験なの?。

>諸外国では75%〜80%ぐらいの子どもが尊敬できると答えたのに対し、日本は20%ぐらいしか、尊敬できると子どもは答えなかった。

「尊敬」って何だろう、それに依っていろいろ見方が有りそうだ。

>私は尊敬できる先生をたくさん知っている。

そりゃーdolceさんは大人だから、でも子供が尊敬してるという言葉をそのまま真に受けて良いものかな?。
そんな難しい言葉や概念を、ちゃんと理解してて子供と言えるものか?。
大人が偉人の凄さが分かって尊敬してるなら当たり前と言えるだろうけれど
凄さが分からぬ子供が尊敬できると言うのはおかしい事だ。
何か矛盾してそうな気もする。

日本で言う尊敬とは何となく理知的行為と言えるのじゃないか?。
尊敬というのは人に対して使う言葉だけど本当に人かと言うとちょっと怪しい。
人を尊敬する時は音楽が上手いとか甲子園に行ったとか大臣になったとか
行為が基準で尊敬を得られる。が反対に言えば行為を評価してるので、
査定してから結論として尊敬してる訳だ。理知的と言えば聞こえは良いが
機械的作業の後尊敬をするという事だ。疑いながら敬う事とも言える。
諸外国もそうだろうか?。
日本が20%で諸外国が30〜40%なら誤差の範囲かなと思えるけれど
75%〜80%そうというのは知恵の発達の差があると言ってもちょっと差が有り過ぎる。
おそらく理知的概念じゃなくて情念的概念として尊敬という言葉が有るのじゃないか?。
凄い人を尊敬するとか上手な人を尊敬するか、好きな人を尊敬するかの違いが有るのじゃないかな?。
日本は子供を叱って育てると言われ、アメリカは子供を褒めて育てると言われる。
叱られてばかりの日本人が尊敬できるかな?。
ユニークと言う言葉が有る。
日本でユニークと言うのは変な子変わった子に対してマイナスの言葉として使われる。
でもアメリカでユニークというのは褒め言葉だと聞いた。
「尊敬」が同じ心を指すとは限らない。
数字を信じるべきか信じざるべきか、それが問題だ。ハムレット。(・o°)☆\バキッ
Posted by 真愚 at 2012年03月31日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。