2012年04月12日

社会科の先生、社会のルールを正しく理解しましょう

社会科の先生でなくても、大人の常識として当たり前のことですがね。

※ 下線と[ ]数字は、筆者がつけ加えたものです。

○授業を自習にして出張することについて
>私が言いたいのは授業より優先するものがあると言うこと
 dolceさんが言いたい「授業より優先するもの」は,「出張の職務命令」です。
 私が言いたいことは,「授業を自習にしてでも出張してこい,という命令を出すことはあり得ない」[1]・・・・
 「あり得ない」という言い方が自治体のレベルに合わせていない,と言われるのであれば,
 「適切ではない」ということですね。ただそれだけです。
授業を自習にしないといけないような場合(教員がほかにいない場合)は,出張命令は出さない,というのが,管理職はもちろん,教育者としてあるべき立場なのです。[2]
 docleさんへの「命令絶対主義」批判の趣旨[5]が,どうやら通じていないようです。
 
 どっちが大事なんですか?という問いに対して,
 私は「子どもへの教育」=職務専念義務を重視し,
 dolceさんは「上司への服従」=法令等及び上司の職務上の命令に従う義務のうち,下線部のところのみを重視する,
 そういう立場であることだけは,dolceさんも認めざるを得ないでしょう。
 「子どもの教育」という職務専念義務を重視したいのに,それを「はく奪」するような上司の命令は,「気に入らない」と思えるような教師の方がよくないですか?[3]
 
 ただし,例外はありますよ。
 命令が,指導力不足教員のための研修を受けることだったら。きちんと他に授業をする人が決められますからね。
 子どもを守るためにも,授業は他の人にやってもらっていただきたい。
[4]


[1]何をおいても、授業が最優先とインプットされていることがよくわかります。
頭に刷り込まれてしまっているみたいですね。
各学校から、代表者を集めなければならない時、全部の人が空き時間になる時間になるように集められないことがあります。
そうした場合、自習にして出張する学校の先生ができることはありますよ。
もちろん、できるだけ、授業の進度等に差し支えないようにしますけどね。
そんなこと、言うまでもないことでしょう。
[2]あなたが「なのです」というのではなく、学校をどう運営するかは、校長が判断することです。
その地区の教育行政は教育委員会が判断することです。教育論は別の話です。
第一、誰かが出張して、学校に誰もいなくなるってことが考えられるでしょうか?
考えられるとしたら、どんな学校なんですか?
教員が一人しかいない学校ですか?
僻地の分校ですか?
誰も監督がいなくて、出張するわけがないでしょう。

もとはと言えば「出張を多くして自習が増えるのはよくないという私の発言から」です。
予め、出張計画があれば、補欠や授業交換するに決まっています。

[3]自習になるとしても、出張の職務命令が出たら、その職務命令に従うのが職務専念義務です。職務命令に従わないことが、職務命令違反です。
いついかなる場合も「授業」が職務専念義務ではないです。どうも「授業」が刷り込まれてしまっているようです。

[4]例外でなくても、可能性があるということです。自ら証明しているじゃないですか。
優先順位の説明をします。
(1)生命の安全
(2)職務命令
です。
如何なる場合も「生命の安全」が最優先だから「子どもだけ」で安全が確保されないことが許されるわけがない。
出張予定は「出張します」という書類を提出する。その時、出張時の授業計画を書くわけです。
計画なしに、出張だけするなんてことは非常時以外、あり得ないでしょう。

[5]「命令絶対主義」批判て何ですか?
批判を勝手にするのは自由ですよ。しかし、職務命令を無視してよいということはないです。

地方公務員法第32条
職員は、その職務を遂行するに当たって、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

ところで「学力観を示していない」という批判について、あなたの見落としを示しましたが、その後どうなったんですか?
あなたは、勝手に見落としておいて「スルーする」と、他人を批判しますね。
あなた自身はどうなんですか?

gakuryokunotaru.jpg学力についてきちんと答えましょうね。

「ペーパーテストが悪い、いけない」なんて私は言ってませんよ。人の話を改作しないでください。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。