2012年04月13日

捏造&妄想さんですね〜笑えますが

※ 下線と[]数字は筆者です。

dolceさんは,「お金を出さないと不正合格は果たせない」と考えているようですね。
 何だかそういう発想自体が,嫌らしい。
[1]

教員採用に限らず,「縁故」「(元の)上下関係」「義理」などが影響して,本来の「得点」とは「別のかたちの上積み」によって合格できる人間がいる疑いは,「世間」を知っている人なら当然もつものでしょう。[2]

金品の授受はなくても,「別のかたちの上積み」が「不正」であることは間違いないですね。[3]
こういうケースでは,採用された人間は,「不正」があったかどうかを,今の制度では,確かめる方法はありません。[4]

そもそも自分の採用について,コネによる「不正」があったかどうかを調べる人間はいないでしょう。[5]

「不正はなかったですか」と聞かれる方も,合格させるために不正をしたのなら,「不正がありました」とは答えないでしょう。[6]

今の採用方法だと,こういう「不正」を暴くのはかなり難しい,というか,ほとんど不可能でしょうね。[7]

繰り返すようですが,dolceさんのように,「採用試験に合格したのだから,何の問題もない」とだれもが思っているのであれば[8],このタイプの「不正」を暴こうという発想もできないことになります[9]。



[1]私はそんなことは思っていません。勝手に捏造しないでください。他人の考えまで立ち入って、自分の気にいるように決めてしまうわがままさは何とも言えませんね。
好き勝手に意見を言うだけで足りなくて、他人の考えまで捏造してしまう精神は普通じゃないと思います。
どうして、他人の心の中がわかるんですか?

私は法律のことを言っているだけです。あなたは「収賄罪」「贈賄罪」を知らないのですか?

収賄罪
公務員が、その職務に関して賄賂を受け取ったり、賄賂の要求や約束をする罪。請託を受けなくても成立する。刑法第197条の1の第1項が禁じ、5年以下の懲役に処せられる。単純収賄罪。
◆状況や立場などの違いにより、受託収賄罪、事前収賄罪、第三者供賄罪、加重収賄罪、事後収賄罪、斡旋収賄罪などにあたることもある。

贈賄罪
公務員などに対し、賄賂を与えたり、その申し込みや約束をしたりする罪。刑法第198条が禁じ、3年以下の懲役または250万円以下の罰金に処せられる。
◆刑法第197条が禁じる収賄罪・受託収賄罪・事前収賄罪・第三者供賄罪・加重収賄罪・事後収賄罪・斡旋収賄罪の、贈賄側に成立する罪。


[2]疑いを持つかどうか、特に「当然」かどうか、私には他人の心はわかりません(超能力はありませんから)。
はっきり言えることは「他の人たちはそういう疑いを持つのが『当然』と明言しているあなたの考え方」でしょう。

[3]すごいですね。どうして、あなたは間違いないと言えるのですか?
あなたが、そう断定できるということは「あなたがその事実を知っている」と解釈できますが、そういうことですね?
そうなんですか、あなたは、公立学校の教員採用に際して「本来の『得点』とは『別のかたちの上積み』によって合格できる人間がいる」を知っているわけですね?
なのに秘密にしているということですね。

[4]つまり、あなたはそう思って、法律の盲点をついて行動しているわけですね?
以前、言いましたが、あなたは告発の義務を知らないのですか?
それに、確かめる方法がなかったら、やってもいいとおっしゃるわけですか?

[5]「いないでしょう」と言われても、私は「はい」とは言えませんね。
だって、他人のことはわからないですから。心が咎めて、告白する人がいるかも知れませんから。それに、別件で調べたいたら、そういうことを告白するかも知れませんからね。

事実、ある有名な大学では、卒業後に不正入学があることがバレて卒業取り消しになったということがありました。大学にいたことがムダになったわけです。

[6]同様に、あなたならそうかも知れませんが、他人の場合、うしろめたさに耐え切れなくて告白する人がいるという可能性もあると思います。
そうでなくても、何かのおりにバレるということもあるでしょう。
バレて明るみになった方が罪は重いでしょうね。
あなたが、心当たりにがあるのなら、告白した方がいいと思いますよ。
だって、ずっと子どもたちを裏切り続けることになるわけですからね。

[8]と言うことは、100%とバレないと考えていないということですね。完全犯罪はないと考えてみえるということですね。
バレないうちに、明るみに出しましょう。

[8]何度も言いますが、私は「他人の心」はわかりません。
「もし〜したら」「れば」という「タラレバ」を使えば何でも言えます。
ずっと以前に言いましたが、私はこういうのをタラレバご都合主義と称して、全くあてにしないことにしています。

「もし〜と思っていれば」が成り立つなら「もし〜と思っていなかったら」も同率の確率で成り立ちます。
片方だけに重きをおくなら、それは(あなたの)ご都合主義というものです。

[9]とても不思議な考え方です。考えがいびつと言ったほうがいいかな。
採用試験に不正なく(何のうしろめたいこともなく)合格したなら、何の問題ないです。

もしかしたら、そういう人の中にも不正があるとあなたは言いたいのですか?
普通の人間だったら、そういうのは「疑い深い性格」ということになりますが、あなたが不正に確信が持てるというなら、やっぱり超能力があるのでしょうね。

何か、普通の人と違いますね。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。