2012年09月25日

本音を知らずば問題解決に至らず

「金(カネ)のことを言いたいわけじゃないけど」と言う人に限って、金にこだわっている場合がある。

それを真に受けて「そうか、この人は金が欲しいわけじゃないんだ」と受け取ると、その先、話はさっぱり進まず、時間ばかりが過ぎていくことになる。

本音は「金がほしい」わけだから、金の話をしなければ、全く解決に至らない。

だから

「金の話を持ち出して、大変失礼なのですけど、ここはまずほんの気持ちだけですけど、とりあえず100万ほど・・・」

と言うと

「オレは何も金がほしいと言っているわけじゃないけど・・・それほどに言うなら・・・」

となってきたりする。

honne.jpg
「金のことを持ちだされてもねえ」

となったら、またこそっと、100万円の札束を積む。

「申し訳ありません」

(相手は札束をチラッと見る)

少し表情が変わって、穏やかになったら、金がほしいのが本音だと察知する。

人は、往々にして言っていることと本音と違うことがある。

毎日、愚痴や嫌味を言っている人は、愚痴や嫌味の中身が本音でない場合もある。

教員の悪口を言っている場合、自分が採用試験に受からなかったためのコンプレックスかも知れない。

私が知っている人で、小中学校の採用試験に挑戦した、一番回数の多い人は7回だ。

その人は自らその挑戦を話してくれたが、合格したせいか教員の悪口も言わないし、すがすがしい感じの人だった。

学校が悪い、教員が悪いという人が本音でそう思っているのなら、それではどうすべきかという案を出すと思う。

ニコニコ大百科によると、批判とは以下のように解説してある。
批判とは、人や物事の誤った箇所や悪い部分を、根拠を示しながら論理的に指摘し、改善を求めることです。
相手の過失や欠点、悪い点をあげつらって、感情的に責めたり、馬鹿にしたりすることは「非難」にあたります。

正しい「批判」を行うには、客観的思考や豊富な知識、理性的な態度、そしてなにより批判をする相手に対する思いやりが必要となります。
ただやみくもに相手の悪い所を指摘し、責めるだけ、というのは、自分の感情を相手に押し付けただけの「非難」でしかありません。


正しい批判は、相手に対する思いやりが大切とある。

思いやりとは、具体的に「こうこう、こうするといいよ」という案を出すということではないかと思う。

はじめに戻って本音ということを考えてみると、悪口(非難)、嫌味に終始する人は、自分が主役になれないことに腹を立てているのかも知れない。

だから、司会者は(リーダーは)その人の面子(メンツ)を考えて、その人が表に出るように配慮する方がいいのかも知れない。

実際、気の利いたリーダーはそういうことをやっている。

「あなたがいなければ、とてもやっていけないのです」

「・・・と考えていますが、いかがでしょうか?」

という言葉を入れて、嫌味氏がへそを曲げないように気配りをする。

嫌味氏が「良きに計らえ」という顔をしたら
「○○先生も同じ考えのようなので・・・」
と進める。

まあ、○○先生は何の案もないかも知れないけれど「さすが○○先生とか」「○○先生のおかげで」の言葉を忘れないように。

能ある鷹は爪を隠す

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


posted by edlwiss at 22:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
 今日の記事は笑いながら読めました。お金の話は本音でない、のは私のケースでも正解です。(笑)
 私はお金の要求を逆に利用します。断りたいときは最初に小額のお金の条件を言います。そして、そのまま契約をせずやってしまいます。面白かったら、約束に従って契約しお金を頂きます。面白くない事態になったら、お金をくれなかった、約束違反だと相手を責める材料にして、断ってしまいます。最初から試したくもない仕事は大枚のお金を要求します。相手に断らせたいからです。私は気が弱いから断れないのです(笑)。
 断るときは相手の欠点を言っても損です。関係ない人に間違いを指摘しても得なことはありません。むしろ、お偉いさんには褒め殺し。そこまで行かない小物は無視。でも無視は一番の虐めですね。学校の小物先生にやっているかも。
 管理人様がいろいろ悪口や批判を書かれているのは、その人に愛されているからかも(笑)。愛憎は複雑怪奇ですから分かりませんよ(笑)。
 今日もありがとうございました。
 
Posted by tsuguo-kodera at 2012年09月26日 04:40
tsuguo-koderaさんは、相手を見て本音を見ぬいてうまく話を進めているのですね。

さすがですね。

落語の「まんじゅうこわい」は、言っていることと本音の違いをうまく利用した話だと思います。

昨日まで、元気で明るかった人が突然自殺してしまったというのも、周りに本音を見抜く人がいて止めなかったかも知れません。

私は子どもの頃、母親に、よく本音を見ぬかれました。
「顔に書いてある」
というやつです。
Posted by dolce at 2012年09月26日 21:59
 そうですね。顔で7割は本音と建前の違いは分かるのではないでしょうか。
 時々ポーカーフェイスの人がいます。金田や王など、天才のスポーツ選手。羽生さんのような勝負師。でも、言葉を聴くとさらに良く分かります。羽生さんも言葉が違ってきているのでは。
 人は緊張度で発音の周波数も違います。喉がこわばり、高周波になり、雑音が混ざるのでは。自分でも、拙い、ばれる、と思ったときがたくさんありました。今はそうなると分かっているので、先に喉を調整するように心がけています。
 さらに、話者も気が付いていなそうなところで、場違いの用語が飛び出しています。注意していれば、本音をうかがい知れる用語があります。悪人も案外正直なのでしょう。
 会社で出世する人のほとんどは、学生さんなら顔と言葉と小論で、3分あれば本音も能力も考え方もまず分かります。小論は怖いです。面接官に大きな手かがりを与えているのです。私も小論と面接でその学生さんの会社人生をかなり正確に予想できました。
 私は上司から、その能力を磨くために十八史略を読んでいると、教えてもらいました。
 コメントバックで煩かった上司が懐かしく思い出されました。ありがとうございます。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年09月27日 07:58
【Gendama】楽しくお得にポイントが貯まる!
   〜ポイントポータルサイト げん玉〜

☆★ネットでお買いものするならげん玉がお得★☆

たとえば…
1.げん玉内に掲載されているバナーからショッピングサイトにアクセス
   ↓
2.ショッピングサイトでいつも通りお買い物♪
   ↓
3.げん玉ポイント+ショッピングサイトのポイントがダブルで貯まる!

たったこれだけでげん玉ポイントが貯まる!!

貯めたポイントは【現金やwebマネー】に交換できてお得♪

*お買い物がお得なショップ
楽天、Yahoo!ショッピング、無印良品、nissen、ベルメゾンネット
DHC、FANCL、BOOK-OFF、TSUTAYA、イトーヨーカドーetc...

▼登録は無料だから、まずは登録してみよう!▼
http://www.gendama.jp/invite/?frid=3919681&ref=90000-blog
↑↑ここから登録するだけで250ptが貯まる!!

※還元率はショップによって異なります。
Posted by AAAAA at 2012年10月05日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。