2012年10月06日

役に立つブログ役に立たないブログ

ある公衆便所の落書きに「トイレは思考し空想するところである」と書かれていました。

落書きはよくないですが、ユーモアを感じました。

その後、何かトイレに似ているものがあると気がつきました。

それはブログです。

すべてのブログではありません。

一部のブログがトイレと同じではないかと思うのです。

養老孟司・氏は著書「バカの壁」の中で、学問とは共通なところを見つけることであると述べてみえます。

私はなるほどと思いました。

養老氏の文には「リンゴは二つと同じものがないのに、我々はたくさんのリンゴを総称して『リンゴ』という」というところがありました。

確かにそうだ、同じでないのに、同じ名前で呼ぶ。これは人の知能の高度な働きだと思います。

こういう頭の使い方を、私たちはほとんど無意識のうちに行っています。

犬だって、猫だって同じものはいません。

■脳の働きを考えてみる

私は、しばしばロボット(機械)が人間化し、人間がロボット化していると言ってきました。

最近、エアコンと洗濯機を新しく買い換えました。

最近の家電はすごいと、改めて思いました。

エアコンは部屋にいる人を観察しています。

人が少ない、あるいは部屋から人が出ていくと自動的に冷房能力を落とします。

人がいても、話し声やその他の音の大きさを検知して、人の活動が活発かどうかを判定し、冷房能力を変化させます。

エアコンに目や耳がついてるみたいです。

もちろん、埃で汚れていると自動的に清掃をするということは、ご存知の人も多いと思います。

洗濯機は、洗濯物を放り込んでスイッチを押せば、洗濯、乾燥、その上アイロンまでかけます。

水道水の温度、硬度なども判定し、洗剤の適切量も調べます。

エアコンも洗濯機も、ずいぶん高度なことをするものだなと思いますが、それらの機能を使いこなすには、マニュアルを読んでよく理解しなければなりません。

便利になったかと思えば、肉体労働が減った分、頭を使わなければならなくなったようです。

しかし、それでは売れないとメーカーは考えたのでしょう「これだけボタン」というのがあります。

「これだけボタン」だけ押せば、機械のほうが自動的に判断してやってくれるというものです。

機械は知能化してきています。

今日、来客がありましたが「エアコンが人間の活動を判断するのですか?うち、ネコがいますが、ネコは判断するんでしょうか?」と言いました。

説明書にはネコのことは書いてありませんからわかりません。

ウチにはネコがいませんから試すこともできません。

客が言ったように「それでは、ネコは・・・」というように、判定すべきことはより細かく増えていきます。

機械はだんだんそうなるのでしょうが、人間とはまだ大きな差を感じるところがあります。

例えば、私は、いじめについて「ガンのようなものだ」と言いました。

つまり、ガンといじめは似たところがあると言いたかったわけです。

えっ「何が似ているんだろう」と思う人、
「なるほど」と思う人、
「似ているわけがないじゃないか」と思う人、

人、それぞれでしょう。

作者は何が似ていると言っているのか理解してもらうのは、人の高度な知能の働きだと思います。

そして、これは養老氏のいう「学問」です。

「何言ってるんだ。ガンといじめが同じだなんて」

と考える人は、ここで思考停止、知能の限界、もっと率直に言えば、私は「頭が悪い」と考えてしまいます。

何が似ているのか?

ガンはほとんど気がつかないものから、どうしようもないものまで段階があります。

そして、どんな人にもガンはできていると言われています。それが問題になるかならないかの違いだけだということです。

となれば、ガンを撲滅する対策がいじめを撲滅する対策のヒントになると、私は考えています。

同じネコはいないのに、たくさんのネコを見て「ネコ」と言っています。

では、犬とネコは違うのでしょうか?

ある人が「犬もネコもいっしょだよ」と言ったら、その人は、何に注目して同じと言っているのか知る能力が、人間の高度な知能の一つだと思うのです。

育ち方が、どちらも親からの授乳で育つ。これは、犬もネコも同じという一つの考え方です。

さらに、そういう育ち方をしている動物をまとめて、私たちは「哺乳類」と言っているわけです。

このようにして、学問は発達してきたとも言えるわけです。

■役に立たないブログは公衆便所と同じ

私は役に立たないブログと公衆便所は似ていると考えました。

両者の似ているところは何でしょう。

「排泄するところ」

ということで同じと考えられると思います。

ブログの記事が、ただの排泄行為になっているブログは公衆便所と同じということです。

自分の溜まっている役に立たないものを排泄するだけ、に利用しているから公衆便所です。

公衆便所の汚物を誰か利用している人はいるでしょうか?

参考にならないブログは、ただの汚物が溜まっているだけのところです。

だから、そういう文章は汚物と同じなんだと思いました。

さて、今回の私の記事は、少しでもお役に立てたでしょうか?





にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ


posted by edlwiss at 20:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
 一言、素晴らしい!
 思考は比喩。比喩はいろいろ。電子化辞書の研究で、比喩に挑戦しました。上手く行かなかった。でも少しは役立ったのかもと、嬉しくなりました。
 今日もありがとうございました。
Posted by tsuguo-kodera at 2012年10月07日 05:01
「似ているな」と思う現象、モノにはしばしば気がつきます。

それをダイレクトに言うと、人によっては何が似ているのかわからないようです。

共通部分を認識するという思考は、受験勉強のせいか後退しているように思います。

グルーピングもそうですね。
集合の概念です。

「柔道などの格闘技は・・・」と言ったら「柔道と格闘技が何の関係があるのですか?」と聞かれたことがありました。
Posted by dolce at 2012年10月07日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。