2014年02月13日

見栄を張るから大変なことになる

知人に見栄の強い人間がいる。
それに加えて話がうまい。

うまいと言っても、中身はないのだが、歯の浮くようなことを恥じることなく、まるで役者のようになりきって話すので「良き市民たち」は話に酔ってしまう。

会社の役員という身分だが、仕事はさっぱりできない。
そこはよくしたもので、会社は親族経営なので、このろくでなしの彼は仕事らしい仕事はせず、ただ結構な給料をもらっているだけである。

特技といえば、先ほどの歯の浮いたような話を臆せず話せることだけである。

そんな風だからハッタリも凄い。

自称指揮者を名乗り、アマチュアバンドを集めひとり悦に入っている。

彼は、実際には指揮はできない。
というか、指揮が何たるものかすらわかっていない。

だから、私に「この間、N響の下棒を頼まれてね」なんてことが平気で言えるのだ。
【下棒】(したぼう)
正指揮者の手伝いとして、あらかじめ練習の時、指揮をすること.

N響=NHK交響楽団

彼が思っている指揮者とは、音楽に合わせてなるべくかっこよく踊るぐらいのものだ。
もちろん、指揮者は音楽に合わせて棒を振るものではない。
演奏者が指揮者に合わせて音を出すものだ。

しかし、見栄やハッタリはほどほどにしておいた方がいい。

彼の巧みな言葉の信者になってしまった人から、彼はコンクールの審査を頼まれることになってしまった。
彼はあわてて、にわかに吹奏楽の知識を詰め込もうと、やってきた。
しかしそんな泥縄が通用するわけがない。

彼がどんな講評をしたのかわからないが、同様に審査の能力もないのに傑作な批評をした人がいた。
「日頃の生活態度が悪かったんじゃないですか」と。
審査された側は「音楽とは関係ない」と怒っていた。

見栄やハッタリが信じられてしまうと、今回のゴーストライター事件のように、見透かされないように演技をしなければならなくなってくる。

「じゃあ、今度は大先生に頼むか」

ということになって、実際にはできないのに、その場に立たされることになる。

人間には「名誉欲」があり、自分をエライ人に見てもらいたいと、アピールする人もいるが「それでは、先生、お願いします」と言われた時、大丈夫かよく考えて行動したいものだ。






にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
おかしい人の判定項目
職場のモラルハラスメント
文章が正しく読めない人はトラブルメーカー


posted by edlwiss at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 教育研究
この記事へのコメント
 落語によくあるパターンの人の話のように私には思えました。落語は良い勉強になる教材ですね。管理人様の昔の記事にもあったように記憶しています。
 私はと言えば、小学生の時、自分を素直に表現したつもりで、喧嘩は1番、勉強2番、と叔父たちに言いました。すると、三時のおやつは文明堂だな、自己宣伝が上手いと褒められて、実は馬鹿にされました。
 でも、からかわれたと分かっていたのですが、最近まで自己紹介で言い続けていたのです。現実の私のやり方を見て、今の学校の理事長も、私が喧嘩は1番、勉2番と信じてしまう人間になりました。幸か不幸か分かりませんが。(笑)
 私のように、子ならほらも夢になり実力になりますね。でも歳をとるほど、謙虚になり、実るほど頭を垂れる稲穂かな、にならないとみっともないですね。これも過去の管理人様の記事にもありましたね。
 みっともない人もこの村に散見できるような気がするご隠居です。言いたいことを書いていただき、ありがとうございました。
Posted by tsuguo-kodera at 2014年02月14日 04:59
tsuguo-kodera 様

彼を見て、私は絶対に見栄を張るまいと思いました。
みっともない人間の見本を見せてもらっている思いでした。

ブロガーの中にもそういう人がいるかも知れません。
でも、超能力のない私にはわかりません。

私も小学生の時は、喧嘩の1、2番を気にしました。
子どもは同じような経験をするのですね。

>でも歳をとるほど、謙虚になり、実るほど頭を垂れる稲穂かな、にならないとみっともないですね。

全くそう思います。
しかし、オリンピックを見ていると、若い人が謙虚なのには驚きます。
だから、まだのびしろがあるんですね。

沙羅ちゃんは可哀想と思います。
でも「若いうちの苦労は買ってでもせよ」でこれも真実と思います。
立ち直って彼女は何倍も強くなるのでしょう。

私は若くないから、苦労は買えないのが残念です。

Posted by dolce at 2014年02月15日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。