2014年08月31日

日中友好

尖閣の問題が報道されるたび、日本、中国の関係は思わしくないと言われる。
中国政府の本音はわからないが、同じアジアの隣国として仲良くしたいと国民は願っているのではないか。

私はしばしば、演奏の企画に招かれそこで新たな知人ができてきた。
最近は、あるパーティで中国の人と知り合った。
それが縁で、昨日は日中の人々の食事会に招かれた。

音楽に国境はないということを再認識した。
話もはずんで、中国の方々は、日本人に対して悪い印象を持っているとは考えられなかった。

日本語の上手な中国女性から、夜来香(イエライシャン)を歌いたいので伴奏をしてほしいとの申し出があった。
それで、次回のパーティで演奏をする約束をした。

私の中国に関する知識は、紙によるものと伝聞でしかない。
以前、パソコンのことで少しお手伝いした中国人がいて、お礼にと自宅に招かれ手作りの餃子をごちそうになったことはあるが、この家庭は日本人の男性と中国人の女性との国際結婚であった。
その後、一緒にカラオケに行ったりもしたが、国民同士は違和感なく仲良くできると思った。

今回も演奏を通じて、交流を深め少しでも国民同士の有効が深まればと思っているが、これを機会にもっと中国を知りたいと思っている。

ところで、◯◯人と言うと、私がイメージを描く根拠がチャイコフスキーの「くるみ割り人形」に出てくる各国の踊り(もちろん「中国の踊り」もある)である。
チャイコフスキー自身は、どのようにしてイメージを持ったのだろう。
(この部分を聞くと、チャイコフスキーはおもしろい人だといつも思う)
チャイコフスキーの「中国の踊り」について、中国人はどのような感想を持つのか、私には興味がある。
いつか聞きたいと思っていたので、今度は聞いてみようと思う。




教育に情熱を



にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
posted by edlwiss at 21:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会時評
この記事へのコメント
 そうですね。中国や韓国やマレーシアの人も何人もうちのクラブにいました。1年ほど、定期的に来ていた人が何人か。皆さん我々以上にフレンドリーな楽しい人でした。
 今は日本人だけですが、楽しい人がクラブ員で続きます。あまり楽しくない人は1、2回で来なくなります。不思議です。
 人は個人。育った環境で個性があるだけのように思っています。最近は犬仲間の中国人が友人になります。韓国の人は飲み屋を経営しています。中国人の店員は大手のお店でたくさん働いています。皆さん親切です。
 だからこそ世界の人と仲良くなるため、まずかわいい子には日本の中で自由に旅をさせないといけません。成人になったら、山は動かないが人は動くとロシアの故事成語にあるように世界で出向く仕事が得意になります。それ以外、一芸に秀でて、世界中から人が訪れてくれるまで熟達するかだけでしょう。
 今私は外国人の日本語能力を伸ばす仕事ができる気がしています。一人で思っているだけなのでどこからもお声がかかりません。この目標もこのまま南無阿弥陀仏です。
 無駄に頭の外と中を光らせるのも楽しくなりました。あの世に財産を持っていけるからです。光って目立って、三途の川の餓鬼に日本語も教えます。(笑)
Posted by tsuguo-kodera at 2014年09月01日 04:49
>山は動かないが人は動くとロシアの故事成語

これは、私は知りませんでした。
ありがとうございました。
実にいい言葉ですね。

誰でも、人はいつか死ぬので、 tsuguo-koderaさんも、棺桶のことは考えず、ある時間をいっぱい生きて頂きたいと思います。

そういえば、最近は葬儀に関する商売の宣伝も盛んですが、棺桶を売っているところで、棺桶に入ってみるという体験会をやっていました。
「どうです。寝心地がいいでしょう」
なんてやっていました。

笑えてきました。
Posted by dolce at 2014年09月01日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404661037
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。