2014年09月12日

間違いをただす勇気

朝日新聞の東電、従軍慰安婦に関する報道について当の朝日新聞はどう対応するのだろうと思っていました。

このほど、記者会見で社長が誤りを認め、進退についても明らかにしたことで、ホッとしました。
記事の内容はともかく、明らかに間違っていても、訂正しない人がいる中で、今回の朝日新聞の態度は、遅きに失したとの批判もありますが、報道機関としての信用をかろうじて保った感じがします。

誤った報道はよくないですが、社長の会見には好感を持ちました。

教育に情熱を
posted by edlwiss at 07:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社会時評
この記事へのコメント
 大会社も担当者1人で潰せる教訓かも知れません。だから採用も大事、現場の教育も大事です。義務教育で教えられたことを考えずにできる若者が会社を発展させるのでしょう。
 要するに、義務教育次第で国の将来が変るということかも知れません。
 結論です。管理人様は現場に戻るべきです。お願いします。
Posted by tsuguo-kodera at 2014年09月12日 11:14
社長は総責任者ですから、大会社でも従業員一人が行った行為の責任も持たねばなりません。

「(私がやったのではありません)従業員がやったのです」と公言して、マスコミから叩かれた社長がいました。
責任を逃れようとしたのでしょうが、社長にあるまじき行為です。

仰る通り、一人でも会社は潰せるかも知れません。
しかし、優れたリーダーなら誰かが捨てておこないのではと思います。
Posted by dolce at 2014年09月13日 00:49
 はいそうでしょう。でも、トップの方針は現場まで落ちるのに最低でも1週間はかかります。普通は1ヶ月です。組織が既に腐っていたら最低でも1年かかるのでは。
 その間に起きた事件は情報が錯綜し、現場はメクラで意思決定することになります。原発事故の吉田所長は凄い人ですね。でも、仏に祈るしか彼はできなかったのでしょう。何度も死すべきときは今と思ったのでしょう。
 トップが腐った組織をどうするか、策は一つしかありません。取締役会か理事会がトップを最適な人に交代させるしかありません。おまけに水が澱めば水は腐るのです。復活までに3年はかかるでしょう。
 大きな沼ほど一度腐ると困ります。関東一の大きな沼は1000億のコンクリート投資が復活することになります。今朝の新聞にありました。喜んだのは建設業界と国土や県の建設役人かも。
 省庁が腐ると腐った大臣が赴任します。ますます腐ります。亡国ですね。
Posted by tsuguo-kodera at 2014年09月13日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。