2008年02月15日

足利幼女殺人事件の再審棄却への疑問

以下は、日本弁護士連合会のサイトより転載しました。
会長声明集 Subject:2008-02-13
「足利事件」再審請求棄却決定に関する会長声明
宇都宮地方裁判所は、本日、1990(平成2)年に栃木県足利市で発生した幼女誘拐殺人事件、いわゆる「足利事件」において、請求人菅家利和氏の再審請求を棄却した。請求人は無期懲役に処せられ、現在、千葉刑務所で服役中である。

本件は、同年5月12日午後6時ころ、栃木県足利市内のパチンコ店付近で行方不明となった幼女(当時4才)が、翌13日、渡良瀬川河川敷において、遺体で発見された事件である。犯人とされた請求人は、事件発生の翌1991(平成3)年12月、同人のDNA型が、幼女の衣類に付着していた精子のDNA型と一致するとの科警研のDNA鑑定を理由に逮捕・起訴された。一審の宇都宮地裁は請求人に対して無期懲役の有罪判決を言い渡し、二審の東京高裁も控訴を棄却し、第一審判決は、2000(平成12)年7月12日、最高裁の上告棄却決定により確定した。

本件において、請求人が有罪であることを裏付ける直接証拠は、請求人の自白を除けば、上記のDNA鑑定しかない。上記の最高裁決定は、初めてDNA鑑定の証拠能力を認めたものとされているが、このDNA鑑定は極めて初期の方式に基づいて行われたものであり、DNA型判定のものさしとなるマーカーに狂いがあったことが判明して現在は使用中止になっているなど、その正確性自体に大きな疑念がもたれている。

当連合会は、2002(平成14)年12月に請求人が再審請求を申し立てたのと同時に、人権擁護委員会内に足利事件委員会を設置し、本件を支援し続けてきたところである。

しかしながら、裁判所は、単純に正面から両手を首で締め付けて殺害したという確定判決が認定した殺害方法とは異なり、後ろから首を押さえつけて被害者の顔を水につけた殺害方法である等の内容の鑑定意見書を作成した法医学者二名を証人として取り調べ、両名は鑑定意見書のとおりの証言をしたにもかかわらず、新たな証拠によっても請求人の自白にある殺害方法の根幹となっている部分の信用性を否定するに足るものではないなどとして、再審請求を棄却した。

犯人のものとされる精液付着の下着の保全を決定したにもかかわらず、「足利事件」における最大の争点であり、請求人自身も望んでいるDNA型の再鑑定を実施することなく、再審請求棄却の結論に至った裁判所の判断は、請求人の主張に対して真摯に答えようとしない極めて不当なものというほかない。

このような再審請求棄却決定に対し、請求人は、直ちに即時抗告を行うことを決めた。

当連合会は、請求人の無実の声に応えるため、今後も東京高等裁判所で行われる「足利事件」の即時抗告審を引き続き支援することを表明するものである。


2008(平成20)年2月13日

日本弁護士連合会長 平山 正剛


事件の真相は当事者しかわからないのだから、無責任に予断をはさむことは厳禁である。
だから、私としても白黒の判定は差し控えたいと思う。

だが、もし、無罪の人が罰せられるような恐れはないか、一国民としては十分注意したいと思う。

ところで、今回の弁護側の主張は、当時のDNA鑑定では不完全なので、改めて精度の高い方法でDNA鑑定を行ったところ、被害者の衣服に付着していた精液と請求人のもの(毛髪のDNA)と一致しないことを理由に再審請求した。

結果は、最高裁が棄却した。
棄却理由は、今回提出された鑑定に使用された毛髪のDNAが請求人の毛髪から採取したものであるとの証拠がないとのことであった。

だが、そういう疑いも考えられるかも知れないが、それなら、裁判所の職権において再鑑定すればよいと思うのだが、なぜそこで終わってしまうのだろうという疑問が残る。

裁判所が被告に罪状を決定するについて、すこしでも疑わしい余地があるのなら、その疑いを解消する調査なりをおこなうのが、基本的人権の尊重だと思うのだが、かもしれないという理由で門前払いするのはすっきりしない。

裁判官の述べる理由には「かも知れない」との文面が目立つが、かも知れないという以上は「でないかも知れない」もあるはずである。
どちらも五分と五分だ。

それを、心証だけでどちらかに決定してしまうのは、真実を追究しようとする態度に欠けると思われても仕方がない。
さらに踏み込んで言うなら、裁判所は誤審であったという結果を恐れているか、何か別の力が働いて判決を下しているととられても仕方がないのではないか。

裁判所といえども、生身の人間が判断をしているのである。
国民は、裁判所を神格化せず、注意深く見守っていく必要がある。

にほんブログ村 教育ブログへ

ブログランキング

人気blogランキングへ


posted by edlwiss at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会時評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。